世界のサッカースタジアム~フランス編~

スタッド・ドゥ・フランスは、フランスのパリ北郊、イル=ド=フランス地域圏セーヌ=サン=ドニ県のサン=ドニにある多目的スタジアムです。

所在地: フランス 〒93200 サン=ドニ
収容人数: 81338人
使用チーム: サッカーフランス代表
ピッチサイズ:119m × 75m

スタジアムの履歴について:

その名が示す通り、サッカーフランス代表およびラグビーフランス代表のホームスタジアムであり、現在は代表戦の大半を当スタジアムで開催しています。ただ、フランスラグビー連盟は2021年をめどにリス=オランジスに計画中のグラン・スタッド・ラグビー(フランス語版)に移転する計画があります。

フランス国家サッカーチームの本拠地となったフランススタジアムの完成後、ラインには、ワールドカップ予選、欧州カップ予選の予選が含まれます。 2006年もチャンピオンズリーグの最終会場を保持するために使用されたが、フランスのスタジアムはフランスのサッカークラスではありませんでした。

フランス国内サッカーでは、クープ・ドゥ・フランス及びクープ・ドゥ・ラ・リーグの決勝を毎年開催しています。

2007年にはラグビーワールドカップ決勝戦の会場となりました。現在のところ、サッカーとラグビー双方のワールドカップ決勝戦の会場となったのは当スタジアムのみです。

スタッド・ドゥ・フランスは球技のみならず陸上競技も開催可能であり、2003年世界陸上競技選手権大会の主会場、IAAFダイヤモンドリーグの1戦ミーティングアレヴァの会場となっています。

 

世界のサッカースタジアム~ドイツ編~

ミュンヘン・オリンピアシュタディオンは、ドイツのバイエルン州・ミュンヘンにある陸上競技場です。世界でも数少ない夏季オリンピックのメインスタジアムとワールドカップ決勝戦を両方経験したスタジアムでよく知られています。 

所在地: Spiridon-Louis-Ring 27, 80809 München, ドイツ
収容人数: 69250人
使用チーム: サッカードイツ代表
ピッチサイズ:105*68m

スタジアムの履歴について:

ミュンヘンオリンピックパークの中心に位置するミュンヘン・オリンピアシュタディオンは、ドイツのミュンヘンで開催された1972年の夏季オリンピックのメインスタジアムで、革命的なテントルーフ構造で世の中で広く知られています。スタジアムはドイツの国営スタジアムのように、国際スポーツイベントのほとんどを開催しています。1974年のFIFAワールドカップと1988年の欧州サッカー選手権の決勝戦、そして4度目のUEFAチャンピオンズリーグ決勝も、1979年にノッティンガムフォレストと、1993年にマルセイユとのACミラン、1993年にACミラン、ドルトムント、ユベントス、ユベントス、2015年バルセロナ戦。1972年から2005年にかけて、ミュンヘンオリンピックスタジアムがドイツチームバイエルンミュンヘンのホームスタジアムとして使用された。ミュンヘン1860は何年も停止され、1994年に移転された。2つのミュンヘンの市のクラブは、後で新しいミュンヘンのアリアンツアリーナに移った。