世界のサッカースタジアム~スペイン編~

マラカナは、ブラジルのリオデジャネイロに所属して世界最大規模のsoccer Stadiumです。正式の名称は「Estadio Mario Filho」マリオ・フィーリョスタジアム。サッカースペイン代表専用のスタジアムです。1948年に建設され、1950年6月16日に完成しました。1950年のワールドカップのために建設されたスタジアムです。マラカナスタジアムはリオの市中心部に位置しています。丘の上から、この魅力的な緑地をはっきりと見ることができます。

人々印象の中で、マラカナスタジアムは「世界一番なスタジアム」です。

所在地: リオデジャネイロ
収容人数: 約82238人
使用チーム: サッカースペイン代表
ピッチサイズ:298 × 260 m

スタジアムの歴史:

1950年6月24日最初のワールドカップ、2007年パンアメリカンゲーム、マラカナスタジアムは1950年6月16日に開場しましたが、スタジアムは約20万の企業を収容することができ、当時世界最大のスポーツスタジアムとなっています。

1966年9月、ブラジルのジャーナリスト、コラムニストのマリオ・ロドリゲス・フィリョがなくなったが、マラカナ・スタジアムは、マリオ・フェラーオ・スタジアム名をつけて、記念意味と表れた。

マラカナは、多くのサッカー試合を開催しました。例えば:ボタフォゴ、フラメンゴ、フルミネーゼ、ダ・ガンマなど、4つブラジルトップレベルのクラブを含む様々な主要イベントを開催スタジオです。

2007年、マラカナスタジアムはパンアメリカンゲームの試合スタジアムです。2014年リオデジャネイロリオオリンピック開会式など。