タグ別アーカイブ: 世界のサッカースタジアムイングランド編

世界のサッカースタジアム~イングランド編~

ウェンブリー・スタジアムは、イングランド・ロンドン北西部のブレント特別区、ウェンブリーにあるサッカー専用のスタジアムです。サッカーイングランド代表のホームスタジアムです。世の中で「サッカーの聖地」と称されています。1966年のイングランW杯でサッカーイングランド代表が優勝を獲得しました。試合のスタジアムはもちろん「ウェンブリー・スタジアム」でした。

所在地: イギリス 〒HA9 0WS London, ウェンブリー
収容人数: 90000人
使用チーム: サッカーイングランド代表、トッテナム・ホットスパーFC
ピッチサイズ:105*68m

スタジアムの試合歴史:

ホワイトホース・ファイナル

大英帝国展覧会の目玉として、1923年に開場し、完成のわずか4日後、4月28日にボルトン・ワンダラーズ対ウェストハム・ユナイテッドによるFAカップ決勝は行われました。

ところが、ロンドンに出来た新たな名所を一目見ようと試合には予想外の大観衆が訪れ、彼らを制限なく入場させた結果、12万人収容のスタジアムになんと20万人以上の観客が溢れてしまいました。この状況で大きな役割を果たしたのが、イギリスでお馴染みの騎馬警官隊。特に、ビリー(Billy)という名の白馬に乗ったジョージ・スコーリー(George Scorey)巡査の凛とした態度が人々の印象に強く残ったようで、この決勝戦は「ホワイトホース・ファイナル(白馬の決勝)」としてFAカップの歴史に刻まれています。

スタンリー・マシューズ

1953年5月3日FAカップ決勝戦ボルトンとの試合ではロスタイムでの大逆転劇勝利の立役者となり、この試合は『マシューズ・ファイナル (Matthews Final) 』と呼ばれFAカップ史上最も劇的な試合とされています。

FIFAワールドカップとUEFA EURO

1966年7月30日、イングランドが決勝で西ドイツを4-2で破り、史上5か国目の優勝を遂げました。UEFA欧州選手権1996は、イングランドの主催で1996年6月8日から同年6月30日にかけて行われ、開催国であるイングランド、及び予選を通過した15カ国で争われました。開幕試合はウェンブリー・スタジアムで行われています。